isakura_apkのblog

7d330a1761

チョン·ジヒョンとイ・ミンホ出演2016年下半期最高の大ヒット作「青い海の伝説」はようやく日本でスタート!3月29日、ホームドラマチャンネルで初放送!韓国ドラマが好きな方は絶対見逃さないでね!

ホームドラマを視聴するなら、iSakura Japanese IPTVにしましょう!月額1750円(税込)でホームドラマを含んで47個のチャンネルアクセス可能。Android のTV Boxやスマホ、タブレットにインストールできるので、テレビに拘らなくてもいい、すごく便利で自由です。

キャスト:チョン·ジヒョン、イ・ミンホ

あらすじ:絶滅寸前の人魚(チョン·ジヒョン)が天才詐欺師ホ·ジュンジェ(イ・ミンホ)に出合い、陸上での生活に適応しながら繰り返広げられる予測不能な事件を通じて、笑いと楽しさをもたらすファンタジー恋愛ドラマ。二人は過去と現在を行き来しながら切ない関係を続けていく。そして、時間が経つに連れて更に固くなら絆である。果たして二人の恋の行方は?

 

isakura-iptv-footer[1]

女性の秘密が詰まった「クローゼット」をのぞく新番組。今回はニューヨークで出会った3人の大人カッコイイ女性の部屋に潜入!勇気をくれる勝負服、ふだんの仕事着のこだわり、お気に入り小物、捨てられない服、夢が詰まった服、セクシーなナイトガウンまで、女優やデザイナーのプライベート空間を公開。NY女性が夜のお出かけ前に着替えるのはなぜ?服から見える生き方とは?さあ、あなたはどんな「人生」を着ますか?

「ザ・クローゼット」NHKBSプレミアムチャンネルを見ましょう!
F7797BC2-E16E-4B2B-AEAF-2CC875861CFA

放送時間:3月22日(水)午後7:00~7:30

放送局:BSプレミアム 

コーデが苦手な方には超お勧めです。かっこいい女性達のクローゼットを覗いて、コーデテクニークを学びます。普通の自分から脱出し、自分の魅力をちゃんと活かせましょう!
 
E45BF097-3E73-4774-970B-7334D3630AAC

7FDA8853-95B4-4C6C-96AD-95BDAEC253AB

iSakura Japanese IPTVは月額1750円(税込)でBSプレミアム を含んで47個のチャンネルを視聴できます。Android のTV Boxやスマホ、タブレット端末に対応!ネット経由でいつでも、どこでも好きな番組を見れます。アンテナ不要、屋外の配線工事も不要、簡単に操作できます。このアプリでは関東地上波や関西地上な波、BS放送、CS放送などを含んで、総合47チャンネルを視聴できます。同時に、海外番組CNN、BBCなども揃っています。

isakura-iptv-footer[1]


イ・ジュンギ、IU、カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ナム・ジュヒョク、べクヒョン(EXO)ら出演のロマンティック時代劇。皇子たちの恋愛模様を描いた超話題作。

B062E89A-37A3-4A81-A828-7E7C20659CD0

2017年3月3日スタート(全20話)毎週金曜よる7:30(2話ずつ放送)

放送局:WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマ

iSakura Japanese IPTVで月額1750円(税込) でWOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマを視聴できます。その他に、44個のチャンネルアクセス可能です。海外で暮らしている方には最高の選択ですよ。

2011年に「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」として中国でドラマ化され大ヒットしたベストセラー小説を、韓国で新たにドラマ化したロマンティック時代劇を放送。今作は、これまでの韓国時代劇ドラマの歴史に新たな風を吹き込んだ話題作。
主演は、「夜を歩く士<ソンビ>」や映画『王の男』など、アクション時代劇を中心に端正な容姿と確かな演技力で圧倒的な存在感を示しているイ・ジュンギ。クールな役どころが多い彼が、イ・ジュンギ史上最強の“ツンデレ”を魅せてくれる。ヒロイン役は「最高です!スンシンちゃん」「プロデューサー」などで女優としても躍進中の歌手IU。現代から高麗時代へタイムスリップし、混乱の中でも前向きに奮闘する女性をみずみずしく演じる。ほか、「ミセン-未生-」のカン・ハヌル、今作がドラマデビューとなるEXOのベクヒョンら注目の若手実力派がそろう。演出は「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」を大ヒットに導いた“映像の魔術師”キム・ギュテ。圧倒的な映像美、豪華絢爛な衣装や美術、息をのむアクションシーンなどで、見る者を王宮世界に引き込む。
胸キュンが詰まったロマンティック時代劇。きっと“あなた好み”の皇子に出会えるはず。

isakura-iptv-footer[1]

このページのトップヘ